二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

圧倒的に少数派の一重まぶた

>>二重まぶたが人気の理由<<からの続きです。

昔の美人の条件は一重まぶただった

その昔、日本では美人の条件の一つに一重まぶたが入っていたこともありました。現に平安時代に描かれた人物画などを見ますと一重まぶたで、顔立ちもふっくらしたものになっていました。

また江戸時代におきましても、切れ長の目元で一重まぶたというのが美人の条件の一つだったと考えられております。

ただ現代社会においては、まぶたにおいては当時の価値観がほとんど残っておりませんので、いくら過去のことを取り上げても、慰めにもならないかもしれませんね。

話が横道にそれてしまいましたが、本題の二重まぶたの人気の理由についてですが、「二重まぶたが人気の理由」でご説明したもの以外にも考えられることがあります。

それはやはり、西洋人に対する強い憧れが二重まぶたの人気を押し上げている原因の一つと考えれられております

顔のパーツのバランスが大切です

実は一重まぶたの比率が高い地域は、アジアの中でも非常に限られたものになっているんですね。これを世界的な規模で眺めますと、それこそ圧倒的大多数が二重まぶたのひとたちなのであります。

そんな中でも、特に西洋人は二重まぶたが一般的で一重まぶたの人というのは本当にごく稀にしか存在しません。

前述した通り西洋人に対する憧れ、そしてコンプレックスなどが二重まぶたの人気を後押ししているという考え方もあるんですね。

しかしながら、顔立ちが美しいかどうかという感覚は、それこそ個人個人の美意識に関係してまいりますし、それこそ顔を構成しているパーツのバランスにかかってくると思います。

バランスのとれていない顔立ちは、美しいと思ってもらえないことの方が多いはずです。

単に二重まぶたで目が大きくあれば良いというわけでは決してありません。それこそ顔を構成するパーツのバランスによって相手の受ける印象は異なってまいります。

仮に、メスを使わない小規模な整形手術であるプチ整形を受けて二重まぶたになったとしても、あまり本人も満足を得られなかったというケースがたくさんあります。

満足どころか、人工的に二重まぶたにした結果、不自然な出来上がりになる可能性はけっして低いものではありません








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事