二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

奥二重とは?

二重まぶたの三つの種類

自分の目に満足している方ってそれほどたくさんいるわけではありませんよね。やはり何かしらのコンプレックスのようなものを抱えているケースの方が多いように思います。

そのコンプレックスの一つに一重まぶたということもあるのではないでしょうか?

人と接するときに、まず最初に相手側に与える第一印象を決める目だと言われております。もしかしたら目つきと言い換えたほうが良いかもしれませんね。

人に与える第一印象のポイントを目におく人は、どうやら女性も男性も同じなのです。

目が人に与える印象は、一重まぶたと二重まぶたではかなり違ったものになりますし、また、同じ二重まぶたであったとしても、当然のことながら二本のラインの幅が異なったりするわけであります。

二重まぶたには三つの種類がありますが、その三つとは下記の通りになります。

【二重まぶたの種類】
(1)奥二重
(2)平行型
(3)末広型

今回は、上記三つのまぶたの種類の中から、特に(1)の奥二重について取り上げてみたいと思います。

構造的には二重の奥二重

奥二重と申しましても、目の構造的には二重になっているわけであります。ところが、本来は存在するはずの二重まぶたのラインが、まぶたに脂肪が乗るなどして二重を構成しているはずのラインが、外からは見えづらくなってしまうことがあるんですね

結局、まぶたにある脂肪の量が多ければ多いほど、二重を形作っているラインが重なってしまうわけですから距離をおいて見たとしたら、一重まぶたに見えてしまうのです。


一重まぶたの人にとっては残念なことかもしれませんが、今の日本の風潮では一重まぶたよりも二重まぶたが魅力的と考えている人の方が圧倒的に多いという現実があります。

そしてせっかく二重まぶたのはずなのに、見た目は一重まぶたということになりますと、二重まぶたの意味を成さなくなってしまいますよね。

人気のある二重まぶたとは、二重のラインがはっきりと見える二重まぶたのことなんですね。形だけ二重まぶたであれば良いということではありません。


>>二重まぶたと奥二重<<に続きます。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事