二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

二重まぶたは遺伝しますか?

二重まぶたは優性遺伝です

もし二重まぶたに憧れを抱いていて、トレーニングやマッサージで二重まぶたになろうと考えている方にとって、二重まぶたが遺伝するかどうかということは非常に気になるところではないでしょうか?

例え一重まぶたであっても、両親が二重まぶたで二重の遺伝子を持つ「隠れ二重まぶた」ということであれば、大きな励みになりますからね。

もちろん、その反対に両親が一重まぶたですと、ちょっとばかり残念ことかもしれません。

ハッキリ申し上げまして、二重まぶたは遺伝します。そもそも一重まぶたと二重まぶたとでは、まぶたの持ち上げ方が異なっております。

その構造上の違いが、遺伝として受け継がれるわけなんですね。そして二重まぶたとして受け継がれる遺伝子は、優性遺伝なのです。

二重の遺伝子を持っていれば

皆さんは中学生時代における「理科第二分野」の授業のことを覚えていませんか?生物の授業においてメンデルの法則を学んだはずです。

このメンデルの法則を思い出していただくと、二重まぶたの遺伝のお話も理解しやすいと思います。

二重まぶたの遺伝子=A、一重まぶたの遺伝子=aと仮定してみます。

両親共に二重まぶたの場合、両親の持つ遺伝子はAAになりますから、子は100%の確率で二重まぶたの資質を受け継いで誕生することになります。

両親のうち片方が二重まぶたの場合、両親から受け継がれる遺伝子はAaということになりますから、生まれてくる子供が二重の資質を持って生まれてくる確率は75%ということになります。

さて両親が一重まぶたの場合はどうなるのでしょうか?メンデルの法則に照らし合わせれば、二重まぶたの遺伝子が存在しないことになりますから、生まれてくる子供は一重まぶたということになります。

しかしながら優性遺伝は発現しないこともあるんですね。したがいまして、例え両親が一重まぶたであっても二重まぶたの遺伝子を持っていないとは限らないのであります。

ということは一重まぶたの両親から生まれた子供でも二重の遺伝子を持っている可能性はゼロではないということになりますね。


>>両親が一重でも二重になれるの?<<に続きます。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事