二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

両親が一重でも二重になれるの?

>>二重まぶたは遺伝しますか?<<からの続きです。

発現しないことのある優性遺伝

優性遺伝は発現しないこともあります。ということは、例え両親が一重まぶたであっても、二重まぶたの遺伝子を持っている可能性がゼロというわけではないんですね。

また見た目が一重まぶたであっても、隠れ一重の二重まぶたというケースもあります。例えば両親共に隠れ一重の二重まぶたということであれば、生まれてくる子供は100%の確率で二重まぶたの資質を受け継いでいることになります

一重まぶたの両親から、目のパッチリとしたこどもが生まれてくるケースって、けっして少ない数ではありません。そんな時に、奥さんの不倫を疑って修羅場になってしまうなどというお話も時折耳にしますが、これは今回の二重まぶたに関することとは関係ありませんので割愛させていただきます。

二重の遺伝子を持つ人は二重になれる?

隠れ一重の二重まぶたというのは、見かけは一重まぶたであるにしても、目の構造上は二重になっているんですね。

ところが、まぶたに脂肪が乗っているとか、あるいは何らか理由で浮腫みという症状が出ている時、一重まぶたに見えてしまうことがあります。

このような状態を隠れ一重の二重まぶたと呼ぶわけであります。

子供ころは、どうしても体つきがポッチャリとしがちですから二重のラインが現れないこともありますが、そんな場合でも成長とともに二重まぶたのラインが現れてくるというケースもあります。

よく聞く話として、マッサージやトレーニングを続けていたら、いつの間にか二重まぶたになっていたとか、二重まぶたグッズを使っていたら二重まぶたなっていたというケースがあります。

これはマッサージやトレーニングをすることで、まぶたの脂肪や浮腫がとれた結果、二重になれたということだと思います。

また、二重まぶたのグッズを駆使するときにまぶたを頻繁に触れることになりますが、これもまたマッサージの効果や、グッズによるラインの癖が残って二重になったということになりますね。

要するに元々が、二重まぶただったということなのです。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事