二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

アイパッチリンの使い方と値段

>>アイパッチリンで目の印象を変えられる<<からの続きです。

人気の二重まぶたグッズ“アイパッチリン”

世の中には目に自信を持っている人よりも自信のない、そして目に何かしらのコンプレックスを抱えている人の方が多いのではないでしょうか?

そんな時は、アイパッチリンという二重まぶたグッズを使うことで目の印象を変えることができます。それにアイパッチリンは、それほど高い商品ではありませんので、経済的な負担が大きくのしかかってくることもありません。

アイパッチリンは、非常に人気の高い二重まぶたグッズの一つなのですが、それは使い方は非常に簡単である点も評価されているからなのであります。

アイパッチリンの使い方を、たれ目気味の方を例にあげてご説明してみますね。切れ長のつり目にしたいと考えている目尻のところから少々斜め上方へと皮膚を引っ張ってからストレッチテープで留めます。

尚、テープを貼る時は事前に洗眼などを行うことで皮脂であるとか汚れなどを取り去って、さらにしっかりと水気がなくなったことを確認してから行いましょう。

就寝中にアイパッチリンを使います

ちなみにテープは就寝時にだけ貼ることになります。どのような理由から就寝時にだけテープを貼るのかと申しますと、起きている時というのは表情が変化してしまうからねんですね。

仮に会話などを避けて、人と話をしなくても顔に筋肉やまぶたは動いてしまいます。それは生きて活動をしているわけですから当然のことです。

テープで固定しているところの皮膚が動いてしまったら、この行為の目的が失われてしまいます。さらには、顔の筋肉が動くことでテープを貼ってあるところの皮膚には余計な負荷がかかってしまいますので、肌荒れの原因になる可能性もあります

テープを貼る時の注意点としましては、皮膚を引っ張り過ぎないこと、そしてシワができている状態では貼らないことです。

就寝前にテープを貼る、そして起きたら速攻でテープを剥がすこと。このような生活を3ヶ月~1年程度続けることで、あなたの望んだ目が出来上がる可能性がかなり高まるでしょう。

アイパッチリンにかかる費用の問題ですが、三ヶ月分で1260円、そして1年分で5040円程度になります

いかがですか?美容整形を行った場合と比較するとかなり経済的な金額になるはずです。もし目にコンプレックあって、何とかしたいと考えているのであれば、一度チャレンジしてみる価値があるのではないでしょうか?








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事