二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

コツが必要な二重まぶたグッズのアイプチ

ノリ状の二重まぶたグッズ

イミュ株式会社という化粧品の販売会社からアイプチと呼ばれる二重まぶたを作るためのグッズが販売されております。液状のノリのようなタイプの二重まぶたグッズなんですね。

二重まぶたグッズには、その他にも速乾性のあるものからリキッドテープになっているタイプのものまで、何種類かのものが販売されています。

当然のことながら、二重まぶたグッズを販売している会社は、一社に限られているわけではありません。他の化粧品を取り扱う会社からも類似した二重まぶたグッズがラインナップされているわけであります。

アイプチを始めとした二重まぶたグッズを使うことで、一重まぶたの人や奥二重、はたまた片二重のような人まで含めて人為的に二重まぶたを作り上げることは可能なのであります。

もちろん、初めて使う場合は、ちょっと戸惑うことがあるかもしれませんけれどもね。それを含めても、けっこうお手軽なものだと思います。

要は慣れです

ということでアイプチを使いこなすには、やはりコツが必要になるのであります。使い始めは、恐らく望むような二重のラインを作ることができないかもしれません。最初は、多少手間取ることは仕方のない事かもしれません。要は慣れの問題ですからね。

そう言えば、まぶたが薄いタイプの方がいらっしゃいますが、このような方も同じように二重のラインが上手く作れないことも考えられます。まぶたの状況は一様ではありませんから、これはまぶたの構造上の問題になってしまいます。

また、二重まぶたグッズによるかぶれや炎症の問題があります。アイプチの主成分というのは、ゴムラテックスのはずですが、最初は何ともなくても毎日のように使うとなると話は違ってまいります。

人間に皮膚は個人差がありますので、中には異物に対して敏感だったりデリケートな方もいらっしゃるはずです。このような方が、アイプチを長期間使うとなるとやはり皮膚に問題が発生する可能性は高くなります。


>>まぶたにトラブルが起きることもあるアイプチ<<に続きます。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事