二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

まぶたにトラブルが起きることもあるアイプチ

>>コツが必要な二重まぶたグッズのアイプチ<<からの続きです。

問題は炎症やかぶれにあります

コツさえ掴めば、それほど苦労することなく望む二重まぶたのラインを作ることができる二重まぶたグッズのアイプチなのですが、この商品の主成分はゴムラテックスで製品化されていることから炎症やかぶれの問題が発生する可能性があります

もちろん、使い始めてすぐに炎症を起こしたりかぶれたりする方は少ないと思います。しかしながら、二重まぶたグッズというのは長期間の使用になることが多いはずですので、使い続けることで、やはり肌のトラブルを起こすケースは少なくないんですね。

肌に異変を感じたら使用は中止です

もし仮に、皮膚に異常を感じるようであれば、すぐに使用を中止うべきです。我慢して使うのは絶対に止めてくださいね。それこそ、肌に深刻なトラブルを抱え込むことになってしまうかもしれません。

当然と言えば当然の事なのですが、アイプチを使う時間は極力短くする工夫が必要です。もちろん、それは肌を保護するという観点でのお話です。人間の肌、特にまぶたのところの皮膚は非常にデリケートなんだということを認識していただきたいと思います。

アイプチで二重になった人たち

ところで、アイプチを継続的に使っている方たちの中には、グッズを使わなくても二重まぶたになってしまったというお話があります。これって、けっこう起こりがちなことなんですね。グッズを使う続けることで、自然と二重まぶたになったという方は、元々二重まぶたの遺伝的な資質を持っていたということになります。

残念なことに、二重まぶたの遺伝的な資質のない完全な一重まぶたの方は、いくら二重まぶたグッズを使ったからと言って二重まぶたになることはありません。ご自身の家系の中に、二重まぶたの人が存在しないのであれば、アイプチを使い続けても二重まぶたにはなれないはずです。

無茶な使い方は止めましょう

また、アイプチを無茶な使い方をする方がいらっしゃいます。例えば、長時間使い続けたり寝るときもつけっぱなしなどという猛者までいらっしゃいますが、こんな使い方は絶対に止めてくださいね。皮膚や目のトラブルにまで発展しかねません。

二重まぶたの遺伝的な資質を持っている方であれば、アイプチを使わなくても、付属品であるプッシャーを使うことで二重になったというケースもあります。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事