二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

眼瞼下垂症とは何が原因で引き起こされる病気ですか?

目が開けづらくなる眼瞼下垂症

皆さんにとっては、眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)と言いましても、あまり聞き覚えのあるような病気ではないかもしれませんね。

眼瞼下垂症とは、その病名が示す通り、上のまぶたが垂れ下がってしまって目が開けづらくなる症状のことになります。

一般的に言いまして、この病気が現れるのは片方の目だけなのですが、場合によっては両目同時に発生して、かなり厄介なことになることもあります。

なにしろ目が開けづらい状態が続きますので、それ自体が非常に苦痛に感じてしまいますし、日々の生活に疲れを感じてしまうことが少なくありません。

また、見た目的にも上まぶたが垂れ下がっているわけですから、仮に片側だけに発生している場合は、顔の左右のバランスが大きく崩れてしまって、かなり見栄えの悪い状態となってしまうでしょう

眼瞼下垂症の原因はなんですか?

眼瞼下垂症の原因として考えられることと言いますと、最も多いケースとして先天的な眼瞼挙筋の形成不全があげられます。そして眼瞼下垂症は、遺伝することも少なくありません。

ただし、後天的な原因がないわけではなく、例えば加齢に伴って徐々に眼瞼挙筋で筋力低下が起きることで上まぶたを持ち上げようとする力が不足して下がってしまうことがあります。

また、日常的な疲労が積み重なることで、下垂が発生するという事例もあるんですね。ただし、このようなケースでは、重症筋無力症と呼ばれる病気の疑いも出てまいります。

さらに言えば、脳に動脈瘤ができることで、神経が圧迫されて起きたり、あるいは脳梗塞に関係して起きたりすることがあります。

コンタクトが原因の眼瞼下垂症

コンタクトレンズが今の時代のように、世の中に広く普及する前にはありえなかったことなのですが、実はコンタクトレンズが原因となって眼瞼下垂症が引き起こされることもあるんですね。

コンタクトレンズの長時間装用が原因となって、眼瞼下垂症になることもありますので、長時間にわたっての連続装用をしているような方は、注意が必要でしょう。

世の中には、かなり無茶な連続装用などコンタクトレンズの使い方をする人がいらっしゃいますが、やはりコンタクトレンズは定められている範囲内での使用にするべきですね。

もし仮に、眼瞼下垂症の疑いを感じた場合は、危険な病気が潜んでいる可能性がありますから、早急に專門の病院に行って検査を受けるようにしてください。何しろ原因が脳動脈瘤だった場合は、手術が必要になりますからね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。