二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

矯正テープを使って二重まぶたになる方法ってありますか?

肌が荒れやすい液状の二重化粧品

二重まぶたになりたくて、様々な方法でチャレンジしている方たちがたくさんいらっしゃいます。

そんな二重まぶたにチャレンジしている方たちの中には、アイプチと呼ばれる液状タイプの化粧品を使っている人も少なくありません。

ただ、アイプチを使うと肌がかぶれたり、あるいは使った場所が炎症する方もいらっしゃいます。また、アイプチでは望むような二重のラインにならないケースもあるでしょう。そんな時、おすすめしたいのは、矯正テープを使って二重まぶたにする方法なんですね。

二重づくりで矯正テープを使う利点

二重まぶた作りで矯正テープを使うメリットは、何と言っても液状タイプの化粧品よりも肌への負担が軽いという点にあります。また、矯正テープであれば、かなりクッキリとした二重まぶたを作ることができるんですね。

さらに言えば、矯正テープを使って二重まぶたを作った場合、アイメイクも容易になりますし、水にも強くて多少濡れたとしても二重まぶたが崩れることはないでしょう。

ということで、矯正テープを使って二重まぶたになるということは、いくつかのメリットを得ることができるわけですね。

様々な使い方をしている人たち

二重まぶたになるために、矯正テープを様々な形で使っている方たちがいらっしゃいます。具体的に言いますと、外出する時はアイプチを代表とする液状タイプの二重まぶたグッズを使って、自宅では矯正テープを使うというスタイルですね。

また、早く二重まぶたになりたいからと、就寝時にも矯正テープを使って二重まぶたを作っている方もいらっしゃいますが、しかし、いくらなんでもこれはちょっとやり過ぎでしょう。

さすがに肌への負担が軽い矯正テープと言っても、ここまでいくと肌にトラブルが発生する可能性が出てまいります。さらに言えば、トラブルは皮膚だけではなく眼球にまで及ぶ可能性がありますからご注意くださいね。

慣れが必要となる矯正テープ

矯正テープで二重まぶたを作ろうとした場合、誰もがすぐにできるというものではありません。

アイプチにも言えることですが、やはり、矯正テープにも慣れという物が必要でありまして、矯正テープの貼り付けに、一度失敗すると粘着力が落ちることから、最初のうちはテープのムダが出てしまうでしょう。

しかしながら、それもすぐに慣れますので、時間の経過とともにキレイな二重まぶたのラインを作ることができるようになるでしょう。

尚、矯正テープを使って二重まぶたを作っている人たちの中には、テープを使わなくても二重まぶたになったという方もいらっしゃいます。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事