二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

自力で二重まぶたになるためのトレーニング法とは?

二重まぶた作りに苦労する女性たち

日本という国では、見た目的な女性の美は目元を抜きにしては考えられない状態にあると言ってよいでしょう。

そして特に人気があるのは、やはり何と言っても二重まぶたということになってしまうのであります。

そんなことから、かなり昔から日本の若き女性たちは、二重まぶたになるために苦労しているというのが実情なのです。

その苦労の内容を具体的に言いますと、アイプチを代表とする二重まぶたグッズを駆使して日々、コツコツと地道な努力をして理想の二重まぶたづくりに勤しんでいるのであります。

しかしながら、アイプチのような二重まぶたグッズというのは、場合によってはかぶれることもありますし、思ったような効果を得られないこともあります。

プチ整形を受ける女性たちもいます

若い女性の中には二重まぶたになるために、手っ取り早い方法を望んでプチ整形などを受ける方もたくさんいらっしゃいますけどね。

近年では、美容整形に必要とされる費用もかなり安くなってきていますし、プチ整形の場合はメスを使わないことから、整形に対するハードルもかなり下がってきていると言ってよいでしょう。

ただしプチ整形とはいえ、それなりに費用が発生しますし、100%成功するという保証があるわけではありません。できあがった二重のラインが、希望するものと違ったりすることもあるのです。

二重まぶたを作るトレーニング

プチ整形のようなリスクや費用を必要としない、そして二重まぶたになる方法があります。それが、二重まぶたを作るトレーニングなのであります。ということで、ここでは二重まぶたを作るトレーニングについて説明させていただきますね。

最初に、まぶたに付着している脂肪を落とすために優しくマッサージしてあげてくださいね。マッサージが終わったら、いよいよ二重まぶた作りのトレーニング開始になります。

まぶたという部位は、むくみやすいので、それを解消するための運動をします。具体的に言いますと、下記のような流れになります。

(1)顎を少し突き出すイメージで正面を見つめてください。
(2)視点は一点から動かしてはいけません。
(3)(2)の状態のまま、上まぶたを閉じるような感じで、ゆっくりと目を閉じましょう。
(4)(3)の目を閉じた状態から、上まぶただけで大きく目を開きます。
(5)(4)の状態を3秒程度維持します。
(6)(1)~(5)の動作を30回繰り返します。

いかがですか?それほど難しいトレーニングではありませんよね。当然のことながら、1回や2回程度トレーニングを行ったからといって、すぐに二重まぶたになれるわけではありません。毎日コツコツと地道に根気よく続けていくことが大切なのであります。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事