二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

切開法や埋没法などの種類がある二重まぶたの整形手術

増える二重の整形手術を受ける女性

美しい女優さんや可愛らしいタレントさんたちには、パッチリとした二重まぶたの人が多いこともあって、やはり二重まぶたに憧れる女性が多いというのが実情でしょう。

ということで若い女性たちは、二重まぶたにするためにグッズやそれようの化粧品、あるいはマッサージなどで涙ぐましいほどの努力をしている方が少なくないわけであります。

そして今の時代、整形手術の技術が進歩したことから、短い時間で施術できるということもあって、手術で二重まぶたになる方が急増しているんですね。

そんな二重まぶたにするための整形手術には種類がありまして、それが「埋没法」と「切開法」なのであります。

二重まぶたにする整形手術の埋没法

人気があって、一般的にも広く行われている二重まぶたにする整形手術は、メスを使うことなく実施される埋没法と言われる手術の方法になります。二重まぶたの埋没法で使われるのは、針とナイロン糸だけになります。

ちなみに糸は、通常ナイロン製なので取り除かないかぎりなくなることはありません。

この埋没法では、二重まぶたのラインを決めた後に、それに沿って特別製の極細糸でもって2~3ヶ所ほどまぶたの内側と外側を縫合することになります。

二重まぶたにする埋没法は、このような手術内容のため抜糸する必要がありませんし、傷跡もそれほど残るものではありません。

そんなことから、手術に必要となる所要時間が短いこと、痛みが少ないこと、そしてなによりも切開法と比較した場合、費用の面ではかなり抑えることができできるのであります。これが、埋没法の人気を押し上げている理由なのです。

しかしながら埋没法は、よいことばかりではありません。ごく稀なこととは言え、一重まぶたに戻るケースがあります。また埋没法は、まぶたの裏側に糸の結び目が残ることから、超極細糸を使うとは言え、眼球に傷がつく可能性を否定できません。

二重まぶたにする整形手術の切開法

二重まぶたの切開法は、文字通り、まぶたの皮膚にメスを入れて切開することになります。まぶたを切開することで、余分な脂肪を除去した上で糸で縫合して二重のラインを作るんですね。

ちなみに縫合で使った糸は、抜糸する方法と残す方法があります。

切開法は、埋没法では二重のラインを作ることができない、まぶたに脂肪がたくさん乗っているような人でも二重のラインを作ることができます。

尚、切開した傷跡に関しましては、二重のひだに隠れてしまいますので、目立つようなことはありません。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事