二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

二重まぶたなのに一重まぶたに見えてしまう蒙古ひだ

西洋人にはない蒙古特有の蒙古ひだ

まぶたに関して詳しい方はともかくとして、そうでない方にとって“蒙古ひだ”という言葉は、ご存じないかもしれませんね。

蒙古ひだとは、上まぶたの内側から目頭の方にかけて、皮膚が涙腺の覆い隠してしまう状態のことを言います。

“蒙古”と呼ばれるモンゴロイドや黄色人種は、カラダが寒冷地に適応するために進化した人種なんですね。

そしてこの蒙古ひだは、酷寒の外気から目を守るために進化したと言われることもありまして、西洋人には全く見られることのない蒙古特有のものとなります。

それでは、なぜ日本人にも蒙古ひだの人が存在するのでしょうか?

モンゴロイドに属する日本人

皆さんもご存知の通り、日本という国は多種民族が混じりあっているわけであります。そもそものお話ですが、日本人はモンゴロイドに属していると考えられているんですね。

そんなことから、日本人で蒙古ひだになっている人の割合は、けっして小さなものではないのです。ということで、日本人であれば蒙古ひだであっても珍しいものではないことになります。

ところで蒙古ひだになっていると、見た目的にはどのようになってしまうのでしょうか?

蒙古ひだの見た目的な印象って?

蒙古ひだになっていると、目と目の距離が離れているように見えるとか、あるいは目が小さく見える、そして肝心の二重まぶたのラインが蒙古ひだに隠れてしまい、奥二重の状態になると言われたりします。

そんなことから、蒙古ひだに悩まされる若い女性は少なくないのであります。ただ蒙古ひだを別の見方をすると、スッキリとした印象の目元になると主張する人たちもいたりします。

この見た目的な印象は、主観の問題になってしまいますね。あなたは、蒙古ひだのことをどう思われますか?

蒙古ひだのチェックをしましょう

もしご自身が、蒙古ひだかどうか気になる場合は、鏡を使って簡単にセルフチャックをすることができますので、自分の顔を鏡に写してチェックしてみてはいかがでしょうか?

鏡に写った自分の顔を見た時、目の中心に黒目がありますよね。その目の鼻寄りにある白目部分は、端の方がピンク色をした肉になっているはずです。このピンク色をした肉が隠れているようであれば、それは蒙古ひだが覆っているということになります。

外見上は一重まぶたという方の中には、この蒙古ひだが一重まぶたの原因となっている可能性がありますね。このような場合は、マッサージを施してあげるとよいでしょう。










※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事