二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

親から遺伝する確率が高い優性遺伝である二重まぶた

二重まぶたは優性遺伝です

一重まぶたの若い女性にとって二重まぶたが遺伝するかどうかは、非常に気になるところでしょう。

ハッキリと言わせていただきますが、二重まぶたは遺伝します。さらに言えば、二重まぶたは優性遺伝なんですね。

両親ともに二重まぶたであれば、仮に今現在一重まぶたであったとしても、二重まぶたの遺伝子を持っている確率が高いので、二重まぶたになるためのトレーニングやマッサージをすることで、二重になれる可能性が高いと言えるのです。

それでは、片方の親が一重まぶただったらどうなるのでしょうか?

※二重まぶたになるためのトレーニングやマサージの方法につきましては、下記の記事をご参照ください。

>>自力で二重まぶたになるためのトレーニング法とは?<<
>>自力で簡単に二重まぶたになれるマッサージの方法とは?<<

片方の親が一重まぶたの場合は?

片方の親が一重まぶたの場合は、当然のことながら両親ともに二重まぶたのケースよりも二重の遺伝子を持っている確率は下がることになります。

しかしながら例えこのようなケースであっても、二重まぶたは優勢遺伝であり、一重まぶたは劣性遺伝であることから、二重まぶた外伝する確率の方が高いということになるでしょう。

また、二重まぶたのお話に限らず、遺伝には隔世遺伝の問題も関係してまいります。

具体的に言いますと、仮に両親ともに一重まぶたであったとしても父方の祖父母や母方の祖父母に二重まぶたの人が存在すれば、二重まぶたの遺伝子を持っている可能性はあります。

二重まぶたの遺伝子を持っていれば、二重になれる可能性は非常にたかいですからね。

遺伝が絶対ではありません

二重まぶたになれるかどうかに、遺伝が深く関係していることは間違いのないところであります。しかしながら、それが絶対というわけではないのです。

なぜならば、一重まぶたの家系にあっても二重まぶたの子供が誕生するケースは事例として現実にあるんですね。また、その反対に二重まぶたの家系にあっても、優性遺伝であるはずの二重まぶたではなく一重まぶたの子供が誕生することもあります。

また、まぶたというのは、仮に子供の頃は一重であったとしても成長する過程において二重まぶたになったというケースも少なくありません。

遺伝というのは、もともと確率の問題でありますし、自分の個人的な努力でもってどうこうできるお話でもありません。遺伝のことで、あまり深く考えるのは建設的なことではありませんね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事