二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

健康保険が適用とならない二重のプチ整形で必要な費用

実効性が高い二重まぶたのプチ整形

二重まぶたに憧れを持っている、一重まぶたの若い女性は、様々な形で二重になる努力をされているかと思います。

それは、例えば二重まぶたになるトレーニングやマッサージであったり、二重まぶたグッズを使ったりなどで、涙ぐましい努力をされていることでしょう。

しかしながら、個人の努力にも限界というものがあるわけで、どうしても二重まぶたになれない方もいらっしゃるはずです。そんな時、実効性の高い二重まぶたになる方法の一つにプチ整形があります。

ただ、二重まぶたになる方法としてプチ整形は、実効性は高いものの、やはり気になるのは費用の問題となってくるでしょう。

それでは具体的に、プチ整形で二重まぶたになるためには、どのくらいの費用が必要となるのでしょうか?

全額自己負担となる二重のプチ整形

二重まぶたになるためのプチ整形は、残念なことに健康保険が適用とはなりません。治療のための医療行為ではありませんから、当然、自由診療ということになりますね。ということでプチ整形は、全額自己負担となってしまいます。

さらに言えば、プチ整形を実施するそれぞれのクリニックが、独自に金額設定をすることになりますので、クリニック毎に異なったものとなっております。

ということで、費用に関しましてはネットなどで事前に確認する必要があるでしょう。

埋没法を指すことが多いプチ整形

プチ整形は多くの場合、メスを使った手術の切開法ではなく、まぶたを医療用の糸で持って縫った上で二重を作る埋没法を指します。

単に埋没法と言いましても、まぶたを縫う糸には種類がありますし、糸の留め方にしても独自の方法があるはずです。

そんなことからプチ整形で必要となる費用は、それこそピンからキリまでありまして、安価なクリニックであれば15,000円くらいのところがあります。しかしながら、その一方で高いクリニックになりますと、80,000円以上必要となるクリニックもあります。

安過ぎるクリニックは要注意です

いくらメスを使わない手術であるプチ整形だからと言って、あまりにも金額設定が安いクリニックは、やはり注意が必要でしょう。例えば、他に発生する費用が本当にないのかということをよく確認する必要がありますね

あまり質のよろしくないクリニックの場合、客引き用に名目上は安い金額設定にしておいて、なんやかんやとオプション設定などで金額を釣り上げるようなクリニックも現実にあったりします。

したがいまして、後々後悔しないためにもクリニックに関しては、口コミなどで事前によく調べておくべきですね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事