二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

失敗して後遺症が残り後悔することもある二重まぶたの手術

失敗例がある二重まぶたの埋没法

美容整形と言いますと、色々なケースがあるわけですが、具体的に言えば「豊胸」「脂肪吸引」などがあげられます。

そんな中にあって、他の施術から比較すると簡単に受けることができることから、人気となっている整形手術に二重まぶたの手術あるわけなんですね。

しかしながら、二重まぶたの手術が比較的に簡単だからと言って100%成功するという保証があるわけではありません。手術と名が付けば、そこには失敗は後遺症が残るなどが発生することも現実にあるのです。

特に失敗例が目立つのが、二重まぶた手術の埋没法になります。

二重の手術における埋没法の失敗例

二重まぶたの手術における埋没法の失敗例としましては、せっかく手術を受けたのにもかかわらず、まぶたを留めている糸が切れたとか、あるいはまぶたが一重に戻ってしまったというケースがあります。

このような失敗例って、実は意外と多いんですね。両目ともに一重に戻るのであればともかくとして、片方のまぶただけ一重に戻ってしまったら、ちょっと悲しすぎますよね。

また、奥二重の方が埋没法の手術を受けたのに、外見上は全然変わらなかったというケースもあります。

埋没法が社会問題となったケース

二重まぶたを作る整形手術の埋没法には、まぶた裏側である結膜に糸を通す方法と通さないで作る方法があるんですね。この前者の結膜に糸を通す埋没法が、実は社会問題となったという過去があるのです。

どのような問題が発生したのかと申しますと、結膜から露出することになる糸が、眼球を傷つけて、それが原因となって視力の低下を招いたり、あるいは瞳が白色に濁るという後遺症が残るなどが起きてしまったのであります。

このような二重まぶたをつくる埋没法の失敗例や後遺症のお話を聞いてしまいますと、二重まぶたにはなりたいものの、整形手術に対するハードルが高くなってしまいますよね。

失敗例は埋没法も切開法もあります

二重まぶたの整形手術では、時折、自分が望んだラインにはならなかったというケースは少なくありません。それは、埋没法にしても切開法にしても同様です。

仮に埋没法であれば、糸を抜くことで再手術が可能なケースもありますが、切開法の場合は再手術は困難なのであります。ハッキリと言わせていただきますが、二重ラインのできあがりは、医師の技量に大きく左右されてしまいます。

二重まぶたを作る整形手術は、比較的に簡単な手術と言われておりますが、そこには必ずリスクが存在することを認識しておく必要がありますね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事