二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

片目だけ一重まぶたをアイプチなどを使って二重に治す方法

印象が悪い片目だけが一重まぶた

二重まぶたに憧れているのになれなくて一重まぶたで悩みでいる若い女性はたくさんいらっしゃることでしょう。

ところが、中には片目だけ一重まぶたという方が以外なほど多いんですね。ということは、片方の目は二重まぶたで、そのもう一方の目が一重まぶたということになります。

これは、実に困ったことですよね。これでは、顔の左右のバランスが崩れてしまい、かなり異様な印象を見るものに与えてしまう可能性があります。

どのような状況なのか具体的に言いますと、いつもは両方とも一重まぶただったのに、ある時から奥二重になっていたとか、あるいは眠気や疲れから片方の目だけが二重になるというようなケースですね。

このような時、どうすればよいかと申しますと、一重まぶたの方を二重にするべきでしょう。それでは具体的に、片方だけが一重まぶたを二重にするためには、どのような方法があるのでしょうか?

片方の目だけ一重を二重にする方法

片方の目だけが一重まぶたの場合、これを二重にする方法としましては、アイプチやアイテープを使うことをおすすめします。就寝前にこのアイプチやアイテープを使って二重まぶたにすることで、就寝中に二重まぶたのクセをつけることができます。

そうすれば、起床してからも二重まぶたの状態を維持することができるでしょう。

毎日の就寝前に二重まぶたをセッティングするのは非常に面倒なことではありますが、その努力を続けることで、ある程度の時間の経過とともにアイプチやアイテープなしでも二重まぶたになれる可能性が高くなりますからね。

そうなれば、アイプチやアイテープは必要がなくなります。

二重まぶたの遺伝子を持っている

そもそものお話ですが、片方の目だけが二重まぶたになるということは、二重の遺伝子を持っているということになります。ということは、やはりある程度の時間が経過すれば、もう片方の目も自然と二重まぶたになれるはずなのです。

したがいまして、間違っても片方の一重まぶたを美容整形のクリニックで二重まぶたにする整形手術を受けるのは止めておきましょう

辛抱強く、アイプチやアイテープを使って二重まぶたになる努力を続けるべきです。なにしろ、整形手術にはリスクが付き物ですからね。

また、アイプチやアイテープを使う以外にも二重まぶたになるためのトレーニングやマッサージを行ってもよいかと思います。色々な方法を並行して行うことで、本当の二重になれる日が早く訪れるかもしれませんからね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事