二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

奥二重を含め無料で簡単な自力で二重になる方法はあるの?

自力で二重になる方法があります

男性でもそうなのかもしれませんが、女性が一重まぶただったりすると二重まぶたになりたいと願う方が多いのであります。

今の時代は、メイクグッズや技術そのものも向上していることから、メイクで二重ことも可能でしょう。

しかしながら一重まぶたの方は、やはりメイクなしでも二重まぶたになりたいと思うのではないでしょうか?

そんな時、自力で二重になる方法というのはチャレンジしてみる価値はありますので、ここで幾つかご紹介させていただきますね。

自力で二重になる方法とは?

前述した通り、奥二重を含めて自力で二重になる方法にはいくつかあるわけですが、そこはやはり事前に調べておくことで失敗の可能性を減らせることができますし、自分に合った方法を見つけることができる可能性を高くすることができますからね。

例えば昔から、まぶたをしょっちゅういじっていたら二重になったとか、あるいはヘアピンを使ってクセを付けていたら二重になったという話を聞くことがあります。

さらに言えば、まぶたを持ち上げるようにすると二重になれるというお話を耳にすることもあるんですね。この方法をもっと詳しく説明しますと、指先でまぶたを持ち上げながら目を閉じる動作をしてみてください。

この時に、まぶたがピクつく感触が起きる瞬間があります。そして、指を離しても二重になっていれば成功ということになります。

当然のことながら、一回や二回チャレンジしただけではできないことの方が多いわけですから、何度もチャレンジしているうちに二重になれることもあるわけです。

繰り返し根気よく続けてみましょう

一つの方法を何度チャレンジしても、二重になれないこともあるでしょう。そんな時は、一つの方法にあまり固執しないで、別の方法を試してみた方がよい場合もあります。

前述した、まぶたを指先で持ち上げる方法ですが、指を離した時に二重になれるものの、すぐに元に戻ってしまうということであれば、1日に5分程度を目安の時間として、繰り返し実行してみましょう。

この訓練を毎日実行することで、二重まぶたのクセが付いてくれる可能性が高くなりますからね。ただし、この方法を実行するにあたっては注意すべき点があります。

必ず指先は、清潔な状態にして実行するようにしましょう。また、角膜に直接装着することで視力の矯正を行うコンタクトレンズを利用されている方は、外してから実施してくださいね。

もし万が一、眼球を傷つけてしまったら、二重まぶたにする訓練どころのお話ではなくなってしまいますので、くれぐれもご注意いただきたいと思います。

自力で二重になる方法には、上記以外にも「マッサージ」や「トレーニング」「ウィンク法」など色々なものがありますので、ご自身に合った方法を見つけられると、二重まぶたになるために大きく前進したことになりますね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事