二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

一重や奥二重の人が二重になりたい時に試したいマッサージ

根気が必要な二重になるマッサージ

一重や奥二重の人が二重になりたいということであれば、“二重になるマッサージ”を試してみても良いかもしれませんね。

二重になるマッサージであれば、整形手術のようなリスクを負う心配はありませんからね。

もちろん二重になるマッサージと言っても、全ての人が二重になれると決まっているわけではありませんし、やはり毎日コツコツと努力を続けなければなりませんので根気は必要となってまいります。

そんな二重になるマッサージなのですが、具体的にはどのように行ったら良いのでしょうか?

二重になるマッサージの具体的な方法というのは、色々と種類がありますが今回は「まぶたのむくみを解消する方法」及び「まぶたに蓄積されている余分な脂肪を燃焼する方法」の二つの方法について説明させていただきたいと思います。

瞼のむくみを解消して二重になる

まぶたのむくみを解消して二重まぶたになるためのマッサージは、人差し指と中指で鎖骨をさするようにしてから「目尻」→「目頭」→「まぶたの上」という順番でなぞってあげてください。

マッサージのコツとしましては、骨の形状を確認するようなイメージで優しくなぞってあげることです。眼球周辺をなぞる時は、くれぐれも力を入れすぎて目を傷つけないようにしてくださいね。

また、眼球周辺を指の腹で押してあげてツボを刺激するという方法も効果があると言われております。ご自身がやりやすい方法で実行してみましょう。

眼球周辺のマッサージやツボ押し終了後は、「耳の前付近」→「フェイスライン」→「首筋」→「鎖骨」の順に指でさすってあげてください。さする時のポイントとして、擦ることのないようにマッサージクリームなどを活用して指を滑らせるようにすると良いでしょう。

余分な脂肪を燃焼して二重になる

蓄積している余分な脂肪を燃焼させることで二重まぶたになる方法ですが、まずは目を大きく見開いてください。この状態で、親指の腹を使って上まぶたを押しましょう。

イメージとしては、上まぶた全体をまんべんなく押すことになりますが、その際に強く力を入れ過ぎないように、そして眼球自体を押すことのないよう充分にご注意いただきたいと思います。力を入れ過ぎて強く押すと眼球が傷ついてしまいますからね。

また、上まぶたを押す際は、直角に押すのではなく頭上方向に向かって押し上げるようなイメージで行ってください。

以上のような方法は、二重まぶたになるためのマッサージの方法になります。二重になるマッサージを始めたからと言って、すぐに二重まぶたになれるわけではありません。毎日、根気よく続けることが大切なのであります。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事