二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

二重まぶたの切開法の整形手術を受けても腫れないですか?

ダウンタイムが発生する整形手術

美容整形の世界には、ダウンタイムという言葉があります。ダウンタイムとは、整形手術などの施術を受けてから回復するまでの期間を言います。



一重をデカ目にする手術しないでパッチリ二重になる方法【全額返金保証付き】アイプチ要らずで二重ま…

整形手術を受けますと、普通に考えても麻酔や手術の影響で患部が腫れたり、あるいは浮腫みやアザができることは、けっして珍しいことではありません。

このような状態から、回復までに要する時間がダウンタイムということになります。

二重の手術でも生じるダウンタイム

二重まぶたになるための代表的な整形手術には、切開法と埋没法がありますが、このどちらの方法を選択したとしても、必ずダウンタイムというものが発生することになるでしょう。

特に、まぶたにメスを入れることになる切開法というのは、少なく見ても一週間という期間は周りの人間からもハッキリと分かるほどの腫れがまぶたに現れることになります。

二重まぶたの整形手術の一つである切開法を受けた場合、まぶたから完全に腫れがなくなって手術の前と同じような状態にまで回復するには、3~6ヶ月も時間が必要であると考えらているのであります。

そもそものお話ですが、二重まぶたの整形手術だけに限らずに、高額な費用が必要となる美容整形手術を受けたなどという話は、周りの人間に知られたくはないと誰でもが思いますよね。

以上のようなことを色々と考慮に入れた場合、働いている方であれば有給を使って簡単に切開法の手術を受けるというわけにはいかないでしょう。

腫れが早く治まる方法はあるの?

まぶたに切開法の手術を受けることで発生する腫れという症状の回復状況というのは、大きな個人差があることからから中には簡単に腫れが治まってしまう方もいらっしゃいます。

また、まぶたが腫れた状態を長引かせないようにするためには、下記のような努力をすることでダウンタイムを短くできる可能性はあります。

・切開法の手術を受けた後は安静にする
・術後一週間程度はぬるめのシャワーだけにする
・腫れている患部を冷やしてあげる
・飲酒やタバコは止めておくこと

ところで、切開法のような二重まぶた手術というのは、医師によって技量が大きく異なってまいります。万が一、技量の低い医師による手術を受けてしまった場合は、当然、ダウンタイムの時間は長くなります

逆を言えば、腕の良い医師にお願いすることで、ダウンタイムの時間はかなり短縮させることができる可能性があります。

また、日頃からアイプチを使い過ぎた状態で手術を受けたり、二重のデザイン次第では腫れが出やすくなりますのでご注意いただきたいと思います。

二重まぶたの切開法は、周囲の人に内緒で受けることは難しいかもしれませんね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事