二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

二重まぶたにするための整形手術は痛くないのですか?

痛みを感じることはない手術中

手術と言いますと、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?もしかしたら、『手術は痛くないんですか?』などと心配されることもあるでしょう。

もちろん、手術に伴う痛みというものは、その内容によって大きく異なります。それでは、二重まぶたにするための整形手術に関しては、果たして痛みはあるのでしょうか?

やはり、二重まぶたにする整形手術を考えている方というのは、仮にプチ整形だっても手術には変わりがありませんから、痛みに関してはやはり敏感に考えてしまうことと思います。

例えどのような手術であっても、少なくとも手術中というのは、当たり前のことではありますが麻酔が効いているわけですから、痛みを感じることはありません。しかし問題は、手術後ということになりますね。

二重まぶた整形手術の痛みは?

前述した通り、整形手術によって二重まぶたにする場合、手術中に痛みを感じることは、まずないと言って良いでしょう。ただ、手術前に麻酔の注射を打つことになりますので、この時に多少の傷みを感じるかもしれませんね。

そして、やはり問題となるのは手術後のお話になります。二重まぶたにする整形手術を受けた場合、術後にまぶたが腫れたり、あるいは痛みを感じる患者さんが間違いなくいらっしゃいます。

手術が終了して、当然、少しずつ麻酔が切れてくるわけですが、この時にジワジワと痛みを感じるのは当たり前のこととして認識しておいた方が良いでしょう。

酷い痛みは痛み止めの薬をもらう

もし万が一、手術後の患部の痛みが我慢できないほどのものであれば、すぐに主治医に相談して痛み止めの薬を処方してもらう必要があります。痛みが気になる方は、最初から痛み止めの薬を処方してもらった方が良いかもしれませんね。

二重まぶたの整形手術では、多くの患者さんはそれほど酷い痛みを伴う方はいらっしゃいません。まぶたの腫れに関しましても、患部を冷やしてあげることで少しずつ改善されますので、こちらもそれほど心配する必要はないでしょう。

評判が良いクリニックを選ぶこと

当たり前のお話ではありますが、手術は医師の手によって執り行われることになります。そして手術の結果は、医師の技量に大きく左右されることがあるんですね。

もし本当に、二重まぶたの整形手術を受けるということであれば、経験が豊富な医師がいて評判が良いクリニックにお願いするべきでしょう。

少なくとも、手術に関する説明を丁寧に、そして細かく説明してくれる医師がいるところで整形手術を受けたいものですね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事