二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

これはおすすめかもしれません!絆創膏で二重のやり方

絆創膏を使って二重になれるらしい

二重まぶたになるためには、整形手術のようお金を出せば良いというものではないでしょう。

世の中には、二重になりたいがために様々な方法が考案され、そして実践している方たちがいらっしゃるんですね。

そうなんですね。実は、あまりコストを掛けることなく二重まぶたになった人たちが間違いなく存在するのであります。そんな低コストで二重まぶたになる方法の一つが、“絆創膏”を使って二重まぶたになる方法なのです。

それでは具体的に、絆創膏を使って二重まぶたになる方法の具体的なやり方は、どのようなものなのでしょうか?

絆創膏で二重のやり方とは?

絆創膏と言いますと、皆さんの家にも必ず常備されていることと思いますが、二重になるための絆創膏は、このようなごくありふれたものでOKなのです。ちなみに、事前に用意するものと言えば、ビニール製の絆創膏及びハサミになります。

そしてまずはハサミを使って、絆創膏の粘着剤が付いているところを適度な長さにカットしましょう。次にカットした絆創膏を、まつ毛の生え際に貼ってください。絆創膏を貼る時は、目を開けたままで実践することがポイントと言えるでしょう。なぜならば、その方が上手く貼れますからね。

たったこれだけのことで、強制的とは言え二重まぶただできあがるのであります。このような作業を毎日行うことで、自然と二重まぶたのクセがついて、やがては強制的に作らなくても二重まぶたになれる可能性があるのです。

誰でもなれるわけではありません

絆創膏を使った二重まぶたになる方法というのは、誰もが必ず二重になれるというわけではありません。やはり、その効果には個人差というものがありますからね。

もっと具体的に言いますと、元々遺伝子のレベルで二重の資質を持っている人は二重になれる可能性が大きいのですが、二重の資質を持っていない人は、いくら頑張っても二重まぶたにはなれないでしょう。

ただ実際問題として、二重まぶたになれるかどうかはやってみたいとわからないというのが本当のところでしょう。それを承知の上であれば、大いにチャレンジしていただければと思います。

また、この方法は絆創膏の粘着部分を非常に繊細な皮膚にくっつけることになります。皮膚が弱い方は、絆創膏の粘着に負けて肌荒れする可能性があります。もし、絆創膏によるかぶれができてしまった場合は、絶対に無理をしてまで続けないようにしてくださいね。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事