二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

優性遺伝である二重まぶたが遺伝する確率ってどのくらい?

優性遺伝である二重まぶた

二重まぶたになりたいと願っている一重まぶたという方にとって、両親が二重まぶただった場合は、それが遺伝するかどうかは非常に気になるところだと思います。

普通に考えれば、二重まぶたというのは優性遺伝ですから、両親が二重まぶたであれば、それが遺伝する確率は非常に高いと言えるのであります。

当然のことながら、両親が二重まぶただからと言ってそれが100%の確率で遺伝するというわけではありません。しかしながら、このようなケースでは圧倒的に高い確率で遺伝することになるはずです。前述した通り、二重まぶたは優性遺伝ですからね。

二重まぶたが遺伝する確率はどのくらいですか?

仮に、両親共々二重まぶたということであれば、二重まぶたが遺伝する確率は実に15/16ですから百分率で言えば実に93.75%という高い確率になるのであります。ただし、それでもやはり100%ではありませんから、一重まぶたになる可能性は残っているんですね。

そして両親が、二重まぶたと一重まぶたの場合はどうなるのかという問題もあるでしょう。実は、このような組み合わせにおいても、二重まぶたの方が優性遺伝であることから、二重まぶたになる可能性のほうが高いのであります。

例えば、仮に子供の時分は一重まぶたであっても成長と伴に二重まぶたに変化していくことは、けっして珍しいことではありませんからね。したがいまして、子供の時に一重まぶただからと言って、あまり気にするべきことではないでしょう。

圧倒的に多くの日本人は一重まぶたです

日本人の中には、一重まぶたのことを嫌っているからが少なからずいらっしゃいますが、日本人というのは、非常に一重まぶたの人が多い民族でありまして、整形手術やメイクで二重まぶたになっている人を除いた、いわゆる天然の二重まぶたの人というのは、実を申せば25%程度しか存在しないのであります。

アジアの国の人とというのは、日本人と同じく一重まぶたの人の方が多いのですが、世界的な規模で見た場合は、やはり二重ばぶたの人の方が多いんですね。

そんなことから、アメリカやヨーロッパの国の人たちから見た場合、一重まぶたは切れ長で涼し気な目元であることが人気でもあるのです。ということで、あまり一重まぶたのことを嫌いにならないでいただければと思います。

それでも、どうしても二重まぶたになりたいということであれば、やはり整形手術を受けるか、それなりに努力を続ける必要がありますね。









※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事