二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

輪ゴムを使って自力で二重まぶたになるやり方があります

輪ゴムを使って二重まぶたになる方法があります

昔から、一重まぶたの人は二重まぶたに憧れを抱くことが多く、このような方々は、実に様々な」方法で持ってして二重まぶたになるべく涙ぐましい努力をされていらっしゃるのであります。

その方法は時として、『えっ、そんな方法で一重まぶたの人が二重まぶたになれるんですか?』などと驚きに満ちたやり方だったりすることがあるんですね。

そして今回、自力で二重まぶたになる方法として、輪ゴムを使ったやり方をご紹介させていただきたいと思います。

危険を伴なう輪ゴムを使った二重まぶたになる方法

輪ゴムを使って二重まぶたになる方法が、あることはあるのっですが、最初に申し上げておきたいのは、この方法を実行するにあたっては、お大きな危険を伴なうということなのであります。

輪ゴムを使った二重まぶたになる方法が、なぜ危険なのかと申しますと、それは輪ゴムが眼球を圧迫することになるからなんですね。

輪ゴムで眼球が圧迫されるということは、「視力が低下する」「網膜剥離が起こる」「僅かではあるものの失明する可能性がある」などのリスクが存在しているのです。

実際に、輪ゴムを使った二重まぶたになる方法を実行に移すということであれば、これらのリスクを承知の上で、自己責任の下でチャレンジするようにしていただければと思います。

輪ゴムを使って二重まぶたになるやり方

輪ゴムを使って二重まぶたになるための具体的なやり方は、最初にある程度の数を用意するところから始めることになります。それでは、下記のような流れに従って実行してみてくださいね。

(Ⅰ)輪ゴムを繋ぎ合わせてご自身の頭部の大きさに合わせましょう。
(Ⅱ)最後に繋いだ輪ゴムは、ハサミなどでカットしてスタートの輪ゴムと結びつけます。
(Ⅲ)繰り返しになりますが、ご自身の頭部の大きさに合わせた輪をつくってください。
(Ⅳ)カットした輪ゴムは1本になっていることを確認しましょう。
(Ⅴ)できあがった輪ゴム製の輪を一本状態の部分がまぶたの上にくるように被ります。
(Ⅵ)輪ゴム製の輪は、少し締め付けられるくらいの強さにしておくとまぶたにクセがついて二重まぶたになれる可能性があるのです。

以上のような方法が、輪ゴムを使った二重まぶたになるやり方ということになります。ただし、この方法は前述した通り、非常にリスクが大きい方法ですから、絶対にやるべきではありません。輪ゴムによって眼球が傷ついたら大変ですからね。







※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事