二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

二重になるためのおすすめの方法はアイプチを使うことですか?

アイプチを使うことで二重まぶたにすることができます

一時的に二重まぶたに見せる、あるいは永続的に二重まぶたにするため等々、二重まぶたにする目的も1つではありませんし、その手法に至っては様々なのであります。

そんな手法の1つが、アイプチを使った方法なんですね。アイプチを使いこなすことができれば、二重まぶたにすることができます。

アイプチを使った二重まぶたにする方法は、基本的には一時的にしか効果を得ることができません。しかしながら、まぶたに二重のラインをクセにすることが叶えば、そのラインの維持は可能となるでしょう。

1年や2年の期間が必要となる二重ラインのクセ付け

当たり前と言えば当たり前過ぎるお話ではありますが、1回や2回くらいアイプチを使ったからと言って、すぐにまぶたに対して二重のラインをクセにすることはできるものではありません。期間で見た場合、1年や2年という年の単位の使用期間が必要となるでしょう。

年の単位でアイプチを使い続けると、もしかしたらアイプチの使用を中止しても二重のラインは消えなくなるかもしれません。要するに、長きにわたるコツコツとした努力の積み重ねが大切ということになりますね。

アイプチを使う時に注意する必要がある肌荒れ

アイプチを使う時に、最も注意しなければならないことと言いますと肌荒れのことなんですね。例えば、肌が弱い人がアイプチを使い続けたりしますと、やはり「まぶたが腫れる」「まぶたが痒くなる」などの症状が現れてしまいます

このような状態をさらに続けてしまいますと、肌の状態はさらに酷いものとなってしまいますので、アイプチが肌に合わないと感じた場合は、アイプチを使っての二重まぶた作りにチャレンジするのは止めておいた方が無難でしょう。

肌が丈夫で簡単には肌荒れを起こしそうにない人であれば、アイプチを使って二重まぶた作りにチャレンジするのも良いのですが、敏感肌、ましてアトピ肌という方は、それはやはり無理があるというものですからね。

ただし、いくら肌が丈夫だからと言ってアイプチを長時間連続で使う続けるなどという無謀なことは止めてくださいね。それは、さすがに肌が持つはずがないでしょう。

※アイプチ(eye putti)とは?
アイプチとは、イミュという会社が提供している一重まぶたを人為的に二重まぶたにするための化粧品のことを言います。一般的には、に二重まぶたにするための化粧品のことを総称することがありますが、商標権はイミュのグループ会社・エルソルプロダクツが持っています。









※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事