二重まぶたにするマッサージやトレーニング方法、アイメイク、奥二重、蒙古ひだなどについて取り上げます。

ダイソーでも売っている伸びる絆創膏を使って二重になるやり方

絆創膏を使って二重になるやり方があります

世の中には二重になるために、様々に工夫を凝らしている方がいらっしゃいます。そんな方たちの努力の結果、あまり費用をかけることなく二重になる方法も考案されているのであります。

実のところを言えば、どこのどなたが考案した方法なのかは分かりませんけれどもね。

そんな、あまり費用をかけることなく二重になる方法の1つが絆創膏を使うというものなのです。使用する絆創膏はと言いますと、ダイソーでも売っている伸びるタイプのものであればOKということですから、経済的な負担は大きくありません。

それでは具体的に、絆創膏を使った二重になる方法とは、どのようなものなのでしょうか?

絆創膏を使って二重になるやり方とは?

前述した通り、事前に準備するものと言えばダイソーでも売っている絆創膏と、後はハサミだけなんですね。今からご紹介する二重になる方法は、絆創膏とハサミ以外は必要ありませんのでご安心ください。

具体的なやり方としましては、下記のような流れになるででしょう。

(1)絆創膏の粘着部分を細長くカットしてください
(2)まつげの生え際にカットした絆創膏を貼りましょう
(3)(2)は目を開けながら行うのがポイントです

以上の方法が、絆創膏を使って二重になるやり方になります。いかがですか?とても簡単な方法ですよね。これなら、誰でも気軽に始めることができるのではないでしょうか?

このように、絆創膏を使って二重を形作った状態を毎日維持することで、まぶたにはクセをつけることができますので、二重の資質を持っている方であれば二重になることができるでしょう。

まぶたのかぶれに注意しましょう

絆創膏を使って二重になるやり方は、とても簡単な方法ではあるのですが、どうしてもかぶれてしまう方がいらっしゃるんですね。

もし絆創膏を使った二重を作る方法で、かぶれてしまうということであれば、一度別の場所に貼るなどして粘着力を落としてから使ってみるという方法もあります。

さらに言えば、まぶたに前もって美容液を塗ってから絆創膏を貼るという方法も、かぶれを防ぐためには有効でしょう。

当たり前と言えば当たり前過ぎるお話ではありますが、絆創膏を使った二重を作る方法は、それですぐに二重になれるというわけではありません。ここはやはり、根気よくコツコツと長い期間を続けることが大切なのであります。

諦めたらそこで試合は終了ですから、ぜひ頑張ってチャレンジしてみていただければと思います。








※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。

関連記事